スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DO what YOU can do!

「お小遣い稼ぎ」を辞めたので
それまで買いに行かなくても出張販売に来てくれていた“ヤクルト400”を
買いに行かなくてはならなくなりました
(スーパーとかで売ってるのとは違う種類だって知ってました?)

それで朝練の帰りに見えた「YAKULT」の文字を頼りに販売所
(だと思った建物)に「あのぉ~」と立寄ってみると
入口を入ったところで背広を着た白髪の方に出会いました

見るからに「まさか偉い方では?」ってカンジの男性でしたが
「おはようございます」と朗らかに声をかけてくださり
「何かご用でしょうか?」とおっしゃいました

「あ、こちらで“ヤクルト”は小売販売していらっしゃらないのでしょうか?」と尋ねると
「少々お待ちください」と言った後
奥の事務室の方に「現金購入の方がいらしてるよ」と伝えに行ってくれました

結果的には「こちらは事業本部で小売りはしておりません」との答えだったのですが
近所の販売所を丁寧に案内してくださり
建物の外で“黒塗りの高級車”に乗り込もうとしていた“その男性”も
改めて頭を下げて御挨拶してくださいました


・・・イイっっっ!


スっゴクいいカンジでした!


犬との朝練の帰りで
芝やら泥やら足跡やらで汚れた
すっぴんに近い「なにもの?」なオバサンが
イキナリ来て「ヤクルト欲しいんだけど~」って言ってるわけですよ

ヤクルト1本って70円ちょっとですよ

たかが数千円の商売なわけです

それも「事業本部」ですから
そんなオバちゃんの相手なんかしてる部署じゃないじゃないですか

おまけに「大手企業」ですからね~

わかります???


“大”企業であっても1人の消費者を大切に扱ってくれる姿勢


でも
求めた物は手に入らなかったのだから
「なんだ~!せっかく買いに来たのに!!!(怒)」っていう人もいるでしょう

会社側の
『消費者ニーズに応えられないことを精一杯の“おもてなし”で誠意を尽くしている』
ことに対して
自分の立場だけを主張して文句を言う

・・・。


どんな場面でも“そういう人”っていますよね



犬だったら無理ですよ
「欲しいものは欲しい~!」ってキモチが先行しますからね(笑)

でも!
“ニンゲン”は『相手のキモチに応える』ことが
できるんじゃないでしょうか



ニンゲン「だから」できるんじゃないですか???



犬と暮らしているとニンゲンのことについても
じっくりと考えることが多くなります





この“the Pinup Poodles "Cafe"”は「ブログランキング」に参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ : 「ココロ」
ジャンル : ペット

「オヤツ」という概念

昨日付の「CNN.co.jp-USA」で
ペット用ジャーキーで犬猫に被害、米当局が注意呼びかけ」という記事が掲載されました

記事のとおり当局も詳細についてはハッキリしないようですが
それでも「君子危うきに近寄らず」

何を大事な“家族”のカラダに入れるかは飼い主の責任
チョット慎重になった方がよいのでは?と思います



さてさて

ありがたいことに我が家のワンズは「通常のドッグフード」でも
喜んでリードされてくれます(=ドッグフードに“つられて”動いてくれます)

「もっと~!」とねだってくれることで
“ただの”小指の爪ほどの小さな1粒のドッグフードが
トレーニングや飼い主との意思疎通の(ご褒美として)役に立つわけです

【「ドッグフード」についても賛否両論がありますが実のところ我が家は“ドッグフード派”です】


パピーパーティやトレーニングなどで
「オヤツを持参してくださいね」と参加する飼い主サンはリクエストされると思いますが
このときに“何”を用意して持っていくかによってその時の“成果”が変わってきます
(「トレーナーさんの言うことはきくのに~!」の秘密はちょっぴりココにもあったりするんですね~


普段とは違う特別な状況下で
やったこともない特別で新しいことをやらなければならないとき・・・

犬の“ヤル気”を後押ししてくれるもの
それが「オヤツ(トリーツ:ご褒美)」
です



だから
道を歩いていて何か怖いことがあったり
飼い主サンが犬にやって欲しくないことをしようとしたりしたとき
(犬の本能に逆らってコチラの指示に従ってもらおうとしたとき)
飼い主サンの“ミリョク”が役に立たないのなら
そこに特別な「オヤツ」の存在は「不可欠」だと思います

もちろん犬が強制的に(無理やり)その状況を乗り越えることができるくらい
キモチの強い場合は別なのでしょうけれど・・・

個人的にはどうかと思います



犬も飼い主サンもハッピーが一番でしょっ?ってコトです



この“the Pinup Poodles "Cafe"”は「ブログランキング」に参加しています

                 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : ドッグトレーニング
ジャンル : ペット

3.2キログラムの「壁」

チワワの体重が100グラム増えることについて
考えたことがありますか?

JKCのスタンダードは500グラム~3キログラムの間で
理想とする体重は1~2キログラムだそうですよ

小さいんですね~(驚)


でね

「その」小さいチワワの体重が2キログラムから100グラム増えることを
ニンゲンに置き換えて考えてみると・・・

体重50キログラムの人が2.5キログラム増えるのと同じことになるわけですよね


そんなチワワが高さ1メートルの障害物を飛び越えることを考えてみてください

そして「それ」がどんなにスゴイことなのかも


もちろん「そこ」には危険が伴うかもしれません


だからこそ
ものすごく頑張っているチワワと飼い主サンに会うと
尊敬の念を抱かずにはいられないのだと思います


「どんな犬にだってできる!」





この“the Pinup Poodles "Cafe"”は「ブログランキング」に参加しています

                    ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : ドッグトレーニング
ジャンル : ペット

仔犬の自立を促す

そんなこんなで夫婦とJ.C.が渡米していた間
B.B.とO.D.はどうしていたかというと
かかりつけ獣医院のホテルに預かってもらってました

御年11歳のB.B.は2年前一緒に渡米したこともあるし
今まで年相応に色んな経験を重ねてきていますから
1週間くらいの「ホテル住まい」なんかなんてことないだろうと思いましたが
我が家の“プリンス”O.D.王子は「生まれて初めて」家族と離れた環境で
自分の自由にならない時間を過ごすことになりますから
食欲減退や最悪「血便」や「声枯れ」くらいのことは覚悟していました



滞在中の様子を知らせてくれる「お泊り日記」を読んてみると・・・

「1日中くーんくーんとないています」から始まって
「まだホテルに慣れないみたいです」と続き
「犬舎の扉をガジガジしてました」そして最後は
「敷いてあるタオルをビリビリにしていました」

食事は毎回完食していたし
排便も異常なし

健康的に過ごしていたようです(笑)


ウチに帰ってきたO.D.の目つきが少しオトナに見えたのは
色んな葛藤を乗り越えて“やさぐれ”ちゃったからでしょうか?


「オトナになる」ってスゴイですね~【感心】




この“the Pinup Poodles "Cafe"”は「ブログランキング」に参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

どうぞヨロシクお願いします

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

「どうしてるの~?」

ありがたいです

そんなふうにメールや電話をいただけるなんて

犬を飼ってなかったら・・・
ドッグスポーツをやっていなかったら・・・
きっと出会うことなんてなかっただろう方々から
「最近どうしてるの~?」と近況を尋ねてもらえるなんて

ありがたいです


でも「コレ」日常生活でも感じることありますよね

犬の散歩をしている途中で見知らぬ人から声をかけられる
(こないだの「通り魔オヤジ」みたいなのは迷惑なだけですけどね

犬が取り持ってくれる不思議な「縁」


だから「都会で独り暮らしをしている人は犬を飼えばいいのに」とおもうんです

そうすれば人と出会ったり話をしたりする機会がグンっと増えるじゃないですか
「犬の存在」は「人間関係」とは違う心の安らぎをもたらしてくれるし



「独り暮らしの人」や「高齢者」が犬を飼うことで「“命”と寄り添うキモチ」を持つこと
これからの時代“そんな犬の飼い方”もアリだと思うんです



Pinup Pooldesは“そんな”お手伝いをしたいな~と思ってます

だって「人と犬とが一緒に幸せになる」ことを目標にしていますから~





今日のブログいかがでしたか?
よかったらココをクリックしちゃっていただけると嬉しいです♪⇒ にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

葉加瀬太郎みたいにしてください

久しぶりにパーマをかけてみました♪

美容室?(美容院?)に行って
「今日はどのようにされますか?」と聞かれたときに
お願いしたのが
「葉加瀬太郎みたいにしてください!」でした

確か前回は
「土屋アンナみたいにしてください!」でしたし
その前は
「IKKOみたいにしてください!」でした

“モード”には全く興味がないので
「流行の髪型」がどんなのか知らないし
どうせ切ったりクルクルにしたりするのなら
思いっきり個性的に“やってみたい髪型”にしてみたい!!!

いつも「そう」思って「してくださいっっっ!」っとお願いするのですが
そのたびに担当の美容師サンは
「・・・はぁ・・・IKKO・・・ですかぁ・・・」とか
「つ・・・土屋アンナって・・・」とか
今日も「かなりクルクルですよ~」と「ホントにいいんですか~?」な
怪訝なカオで言われちゃいました(笑)



この場合は「スタイルブック」って~のがありますから
チョット席まで持ってきてもらって
「こんなカンジで~もうちょっとココをこんな風にして~」と
具体的なイメージを見ていただくことができます

それで初めて「あぁ~こういうカンジですね~」とイメージが伝わる

それで
つくづく「“イメージを(正確に)伝える”って難しいなぁ~」と思ったわけです


日頃から色んなイメージのやりとりを「人」や「犬」とやってますけど
やっぱり「ハッキリと伝わってるのかなぁ」と不安になることがあります


特に「犬にイメージを伝える」時には「ハッキリと正しいイメージを見せる」ことや
「正しい行動ができるようにキチンと教える」ことが大切ですよね


「なんとなくこんなカンジ~」とか「チョット違うけどまぁいいか~」とか
そんな“適当”にイメージを伝達をしていると・・・


「じぇじぇっっっ!?」ってな結果になってしまうんですよね~



ちなみに今日の髪型が出来上がった時に
担当の美容師さんは「結構クルクルになりましたよ~」とおっしゃいましたが
私は「もうちょっとクルクルでもよかったな~」と思いました
(もちろん今回の出来には“大”満足してますけどね♪)


ちゃんとイメージを伝え合ったと思っていても・・・こんなカンジなんですね
(それとも勇気をもって「そんな変な髪型は止めなさい!」と教えてくれたのか?)



この“the Pinup Poodles "Cafe"”は「ブログランキング」に参加しています
クリック数に一喜一憂するmmicca♪を「ガンバレ!」と応援してくださるアナタ!
ブログランキング・にほんブログ村へ「応援」ありがとうございます♪

テーマ : ドッグトレーニング
ジャンル : ペット

好かれたい!

そんなの誰だって「そう」ですよ

「嫌われたって構わない!」なんていうのはね「ただの強がり」か「きれいごと」ですよ


だって好きになってほしい相手に嫌われちゃったら悲しいしつまらない(そうじゃないですか?)

だから相手に好かれようと“あれこれ”手を替え品を替え頑張るわけですよ、アナタもワタシも


なにも“ニンゲン同士”の話だけじゃ~ありません

相手が「犬」でも同じことが起こります


ただ相手が「犬」の場合には「忠誠心」だとか「言うことをきくようになる」だとか
チョット違うカタチになって現れることが多いです


「(犬の)名前を呼んだら一目散に私の元に駆けてきてほしいんです!」とか
「他の人には懐かないで私だけの言うことをきいてほしいんです!!」とか・・・

そう願っている飼い主サンは
「ヨシヨシいいこだね~♪」と猫なで声で犬の喜ぶオヤツを何の理由もなしにあげてみたり
「〇〇ちゃんっ!ほらほら◎◎してあげますよ~」ととにかく喜ばそうとするんですね


で・・・その結果


「ウチの犬は私の言うことを全くききません(こんなに可愛がってやっているのに!)」とか
「ウチの犬は自分の気に入らないことがあると咬むんです(こんなにしてやっているのに!)」とか
「なんだか裏切られた気分です(だってあんなに・・・!)」とか・・・

切ない“訴え”になるわけです



誰のせいでもないのに・・・

ただ相手(犬)に(自分を)好きになってほしかっただけなのに・・・

裏切られた気分になるんですよね?(勝手に)


相手にわかる正しい方法で「スキ」という気持ちを伝えないと
思いがけず残念な結果になってしまうことがあるので
犬のことは「犬の専門家」に「どうすれば上手にキモチが伝わるか」を聞きましょう



ただし「私は犬の専門家ですっ!」っとおっしゃる方が「どんな方」なのか
正しく見極めることが“肝”だと思います




この“the Pinup Poodles "Cafe"”は「ブログランキング」に参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

いかがでしたか?

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

畏敬の念を持つ

昔は「地震・カミナリ・火事・オヤジ」って言ってたらしいですよ
(えっと~よく知らないんですけどね「そういうらしい」です

世の中で特に「怖いとされている存在」を調子よく言う言葉なんだそうですけどね

昨夜のカミナリ・・・怖かったです

でね
「自然」っていうものに対して「すごいな~」と改めて思ったわけなんですよ


「怖かった」んですよ「カミナリ」
でも同時に「すごいな~」と思ったんです



これを「畏敬の念」と言います

恐ろしくて動けないくらい圧倒的な力強さ
なすすべもなく身をゆだねるしかないと思わずにはいられない荘厳さ
そして
清々しささえ感じられる従順な気持ちを感じたとき

ドッグトレーニングだけでない
誰の心にとってもとても大切なものを一つ見つけた気がしました




「カミナリ」でここまで語れるmmicca♪ってスゴくな~い?と思ったら「↓クリック↓」(笑)
ブログランキング・にほんブログ村へ

ちなみに最期の「オヤジ」は「お父さん」のことで
俗説には「台風(大山嵐:おおやまじ)」っていうのもあるそうです

他にも「女房」だの「津波」だのっていうのに置き換えられることもあるんだそうですが
とにかく「怖いもの」ってそれぞれ違うので面白いですよね

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

いらっしゃいませ~♪
プロフィール

mmicca♪

Author:mmicca♪
【P.P.オフィシャルブログ】
Discdog、K9freestyle(HTM)、Obedience、Agilityなどを通して「kawaiiだけじゃないプードル」の姿を発信中!
「ウチのコと一緒にやってみたい」飼い主サン募集中です★

mmicca♪の「ヤル気スイッチ」です!
↑「このブログに投票」↑をクリック してくださると「ポイント」と「mmicca♪のヤル気」がアップされます! 応援ありがとうございます!
最新コメント
「学ぶ」と「遊ぶ」が一緒になったオフリードで学ぶ都内唯一の犬のしつけ教室:アウラ
犬そだての教室Kokua
「出張トレーニング」ならココ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
mmicca♪へのメールはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご来店者数♪(まいどっ!)
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
5534位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

2940位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。