スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウチの犬は咬みますよ

大体「そう」言うと飼い主サンは『ギョっ』とした顔をします
(流行で言うと「じぇじぇじぇっ?」ってカンジですか?)

その顔はまさに「先生そんなこと言ってイイんですかぁ~?」とでも言いたげで
「犬が人を咬むってイケナイコトなんじゃないんですかぁぁぁ?」と訴えているようです(笑)

ま・・・ね

傷つくほど咬んじゃイケマセンよ

もちろん!

我が家でニンゲンに向かって「ウ゛~!」と「ガウガウガウ!」をやっちゃった日には
確実に降りますからね“血の雨”が・・・(笑)

だから“そういうレベル”じゃないんですよ♪

ウチの末っ子のOdie(オーディ)は
感情が高ぶってどうしようもなくなると
「ヒーヒー」言いながら私や夫クンの手を咬みます

そんな時のO.D.は
あたかも「ねぇねぇおかぁさん!あのね!あのね!ねぇ聞いて~っ!」と
小さな子どもがお母さんに気持ちをぶつけているときのような
そんな溢れんばかりの“甘え”を全身で表現します

だからレッスンでも「ウチの犬は咬みますよ」と飼い主サンたちにお話しします

「だってウチの犬は“そうやって”『スキ!スキ!だ~いすき~っ!』って
 彼なりの方法で一生懸命に伝えてるんです
 それなのに
 そのキモチを『ダメっ!咬んじゃダメよっ!』って言えないですもん」

ねっ

「犬のしつけ」なんて「そんなもん」ですよ♪

肩のチカラを抜いて
「自然体」でリラックスしてまいりましょ~♪




ちなみにOdieは私と夫クン以外の人には“抑えきれないほどの愛情”を持っていないらしく
他の人の手を咬んだことはありません




この“the Pinup Poodles "Cafe"”は「ブログランキング」に参加しています

ブログランキング・にほんブログ村へ

いかがでしたか?

関連記事

テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

犬の愛情表現は尻尾だけでなく
全身トータルで考えなくてはいけないということですね。
歯をあてても その時の表情をつかんであげることが
オーナーにとって大切なことだと私も思います。

k-dogサマ♪

稚拙なブログに共感してくださってありがとうございます!

よく「シッポを振っているから嬉しいのね」と、「シッポを振る」=「喜んでいる」と
思われがちな尻尾ですが、必ずしも「そう」とは限らないし
また、その振る速度でもキモチが異なりますよね
(ゆっくり=心の安定、早い=気持ちの高まり)

犬のキモチを理解するには、多方面からの観察力が必要だと痛感する毎日です
いらっしゃいませ~♪
プロフィール

mmicca♪

Author:mmicca♪
【P.P.オフィシャルブログ】
Discdog、K9freestyle(HTM)、Obedience、Agilityなどを通して「kawaiiだけじゃないプードル」の姿を発信中!
「ウチのコと一緒にやってみたい」飼い主サン募集中です★

mmicca♪の「ヤル気スイッチ」です!
↑「このブログに投票」↑をクリック してくださると「ポイント」と「mmicca♪のヤル気」がアップされます! 応援ありがとうございます!
最新コメント
「学ぶ」と「遊ぶ」が一緒になったオフリードで学ぶ都内唯一の犬のしつけ教室:アウラ
犬そだての教室Kokua
「出張トレーニング」ならココ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
mmicca♪へのメールはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご来店者数♪(まいどっ!)
QRコード
QR
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
8379位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4390位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。